ヘッダー画像

高校中退理由よりもこれからどうしたいかが重要

将来を考える

現在は就職難の時代、高校中退でなくどんなにいい大学を出た新卒者でも、一昔前のようにスムーズに就職活動を行うことは困難な状況です。 途中で退学をすると大学の就職課には頼れず、最終学歴が高卒になってしまうので、応募できる職種が限られてしまいます。 企業からも長続きしない、責任感がないなどと悪印象を与えてしまうこともあり、新卒者や既卒者と比べると就活がより大変であることは事実でしょう。 その為に正社員ではなく、探すのが簡単なアルバイトや派遣社員などの非正規雇用の仕事につく方はとても多いです。 しかし、不利だからというだけでアルバイトや契約社員として一生を送ることを決めてしまう前に、大学を途中でやめた方でも就職を決まりやすくする方法を模索してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 辞めてからほかの大学や専門学校へ進むケースもありますが、そのような場合も含めて、大学をドロップアウトする人数は毎年訳11万人にも上ります。 そのような方々の中で、正社員としての雇用を目指している人はどのようなポイントを押さえているかというと、まずハローワークばかりに頼らないことです。 なぜかというと、ハローワークでは求人情報は紹介してくれますが、大学の浪人や留年のフォローまでは望めないからです。 インターネットを活用すれば、現在は卒業できなかった人にも利用しやすい求人サイトがあるので是非そちらも利用しましょう。 また、就職支援サイトも多々ありますが、高校中退の方におすすめなのは、人材紹介会社が運営しているサイトです。

言い訳や理由を探しても高校中退であることは変わりはありません


高校中退理由が就職できない事と直結しない

ハンデにしないためには

そのようなサイトだと、専任の担当者がつき、その方が高校や大学の中退でも受け入れてくれる企業の情報を探してくれるからです。 勿論、他の支援サイトを利用して自力でそのような情報を得ることもできますが、時間を有効活用し、尚且つ確実な情報を手に入れる方法としてはこちらがベストです。 それだけではなく、履歴書の書き方の基本、ポイント、面接でのマナー、注意点など、必ず知っておかなければならない基本から無料で指導してくれるので、非常に効率がよいのです。 また、そういったサイトでは、職業適性検査を無料で受けることができます。 その診断によって自分の適性、や志向性、現在の経験やスキルが社会でどのような価値があるのか、どのような職種や企業から需要があるのかということを把握しておくことは、求職する上で必ず役に立ちます。 特におすすめのサイトはリクナビNEXTとリクルートエージェントです。 リクナビNEXTはこの手のサイトの中では大手で、多様な求人が集まっており、情報量が豊富で、他の転職サイトなどにはない情報が掲載されている場合もあります。 レジュメを登録すると複数の企業へ応募することができるので履歴書を書く手間を省くことできます。 こちらは上述した、担当者がつくタイプの支援サイトではありませんが、自分で情報収集をする方が気楽という方にとっては良いかもしれません。 高校中退でもスカウト機能やその他のサポートシステムなども充実しているので、手始めに登録されてみてはいかがでしょうか。

高校中退理由によって不利になることもあります

今の時代では高校中退でも実力があればOK

実力を補うために

リクルートエージェントはリクナビNEXTと同じく、リクルートが運営しています。 非公開求人数が業界でトップなので、高校中退の企業の都合で公開されていない貴重な求人情報が得られる可能性大です。 こちらはキャリアアドバイザーがついて徹底的なサポートをしてくれるので、就活においてのノウハウを知りたい方、自力での就活に不安がある方におすすめしたいサイトです。 求人情報から応募する企業を決め、書類選考が通ってからはいよいよ面接となりますが、その段階で大事になってくることはなんでしょうか。 それは自己PRです。 自己PRが大事だということは、勿論新卒者であっても同様なのですが、大学を卒業した人達とは違い、高校中退など学歴に関してアピールできないという部分がある為、途中で辞めた方にとっては最大限に利用し力を入れるべき点なのです。 まずは「自分ならこれができる」という強みをもつことが重要です。

経験や実績で勝つことは高校中退でもできます

資格を取得する事で高校中退をハンデにしない方法

早いスタート

その為に手っ取り早くわかりやすいのは、高校中退でも某かの資格を取ることでしょう。 簿記などの即戦力となるものがおすすめですが、既に何らかの資格を持っているのなら、それについてアピールするのも手です。 TOEICや英語検定、漢字検定なども、資格ではありませんが、「英語ができる」、「国語力がある」などのプラスの印象を与えられるので、そのような観点からの自己PRを考えてみてもいいでしょう。 何も資格を持っていない、今から資格を取る時間もない、その様な場合もこれまでの過ごし方や経験を振り返ってみてください。 学生生活に費やす筈だった時間は、何か他のことにあてられていた筈です。 その中で得たものは必ずあります。 実際的なスキルがないとしても、その経験をポジティブに捉え、高校中退のマイナスを失くし良い印象を与えるためのアピールの方向性を考えてみれば突破口が開けるでしょう。

検定や資格を持っていれば高校中退でも就職も可能

同級生よりも早く社会に出れるという高校中退のメリットも

資格や検定

また、余裕があるのであれば、今すぐに就活をせずにしばらくの間スキルアップに高校中退した後に時間を使ってみてもよいかもしれません。 「これができる」ということ以外に、「そういった者ならではのアピール」というものも考えられます。 大学を辞める理由は人それぞれです。 経済的な問題や、留学、他にやりたいことができたなど、色々ありますが、それを逆に自分の強みとしてアピールしてみてはいかがでしょうか。 経済的に困窮してという場合であれば、その苦労の中で得た経験や自分がどのように成長したかをアピールしたり、海外に出ていたのであれば、語学力やコミュニケーション能力などを中心にPRの内容を考えることもできます。 夢の為に大学を辞めたなどという場合でも、その夢の為にどのような努力をしてきたか、また職種がやりたいことと関係しているのであれば、その企業を選んだ理由の一つとしてPRすれば、物事に対する意欲や熱意を見てもらえるかもしれません。 効果的なPRを考える為に大切なことは、自分を見つめ直すこと、過ごしてきた時間を振り返ること、そして引け目を感じずに自信を持つことです。 どのような職種でも、必要とされている人材はスキルや有能さだけではなく、人間性も重視されているものであるということも意識しておきましょう。 経験がなくても、そこを中心に発想を広げ、展開させていくことによって、高校を中退したから長続きがしない、責任感がないなどの印象を払拭することができるでしょう。

高校中退をプラスに転換していく理由

就活

履歴書

面接

アルバイト

留年

HOME

このページの先頭へ